昭和の切手買取ならここにお願い 手軽なWEB査定からはじめる高額買取術

昭和切手を売却するならここにお願い

日本郵便800
WEB査定からはじめる高額切手買取術 » 知っておくと切手買取がスムーズな知識 » 切手の売却方法について

切手の売却方法について

ここでは切手を売却する際はどこに持っていけばよいのか、保管状態のまま持ち込めるのかなど方法について解説しています。

どこが一番おトク?切手の売却先を知りたい

切手を買取ってもらえる先には買取専門業者、金券ショップ、オークションの3つがあります。

買取専門業者

買取専門業者は切手だけでなく古銭やブランド品、貴金属、骨董品など数多くの品目の買取りに対応しています。

実店舗に持ち込んで買取ってもらう店頭買取の他に、売却したいものを送る宅配買取、査定員に自宅まで来てもらう出張買取を行っていることが多いので大変便利です。

また査定員が常駐しているのでプレミア切手など価値のあるものは高く買取ってもらえる可能性があります。

もちろん厳しくチェックされますが切手鑑定士がいるような店であれば適正価格での売却が可能です。

金券ショップ

金券ショップとは回数券やチケット、切符などを換金してくれるお店で、実店舗に持ち込んでその場で換金してもらうのが基本です。

切手も取り扱っていますが、買取った切手をすぐに郵便などに使いたい会社などに販売するのを目的としているので普通切手が基本です。

また額面金額の何%と買い取り価格がある程度決められているので、基本的にプレミア切手などの付加価値はつかないと考えておいた方がよいでしょう。

切手を金券として扱っているため古くてめずらしいなど、マニアの間でどれほど価値があると思われる切手でも額面金額以上にはなりません。

オークション

オークションシステムを使ってコレクターなどに直接売買する方法です。最近は個人でもモノを売る際にインターネットオークションを利用するケースが増えてきました。

コレクターに人気がある切手ならば、競争原理によりかなりの付加価値をつけて売却できる可能性があります。

逆に考えると人気のない切手は買い手がつかずに売れ残ってしまったり、額面の半額以下でしか売れなかったりすることもあります。

売る側と買う側双方で切手に関するかなりの知識や経験がないとトラブルになることもあり、出せば必ず売れるという保証はありません。

以上の3つの方法の特徴から総合的に判断すると、切手を適正な価格で売却できて安全に取引ができるのは買取専門業者ということになります。

切手というと郵便局はダメなのかと考えるかもしれませんが、郵便局では切手の換金・買取りには対応していません。手数料を支払って他の切手やはがきに交換することは可能ですがおトク感は無さそうです。

保管してある状態のままで査定は可能?

買取専門業者に切手を売却する場合、もしストックブックにきちんと切手が保管されているならそのまま持ち込むか、宅配便などで送れば対応してもらえます。

またわざわざバラすより査定がしやすいですし、切手が折れたり糊で他の切手とくっついてしまったりといったことが起きないので安心です。

なおLINE査定を行っている業者であれば切手の写真を送るだけで査定ができます。但し、汚れやシミなど細かな保存状態が確認できないのであくまで参考程度です。

また額面額の◯◯%というケースもあるのであらかじめ切手の総額面は計算しておくとよいでしょう。

金券ショップの場合は切手シートなどを額面別・面数別にまとめてメモを付けるなど仕分けが必要になります。仕分けをしていないと通常よりも安いレートで換金されるので注意が必要です。

WEB査定、高額査定業者の実態調査!! WEB査定、高額査定業者の実態調査!!
CATEGORY_TOP