昭和の切手買取ならここにお願い 手軽なWEB査定からはじめる高額買取術

昭和切手を売却するならここにお願い

日本郵便800
WEB査定からはじめる高額切手買取術 » 知っておくと切手買取がスムーズな知識

知っておくと切手買取がスムーズな知識

ここでは切手買取を依頼する場合に知っておくと役に立つ基礎知識について紹介しています。

少しでも高く売るために押さえておきたいこと

切手買取をスムーズに進めるためにはある程度の知識を持っていることが必要です。売却方法を間違えると高く売れるものも売れずに損をしてしまうからです。

もちろん切手に関する詳しい知識があればよいですが、それよりも重要なことはどこに売ったら高く買取ってもらえるのか、切手をどのような状態で査定してもらえばよいのかといった基礎的な知識です。

昔のような切手収集ブームは影を潜めてしまい、それに伴って切手だけを取扱う買取業者は数が少なくなってしまいました。

買取専門業者はたくさんありますがブランド品や貴金属の買取りばかり目立ちそもそも切手の買取りをお願いして大丈夫なのか不安になるかもしれません。

また切手は保存状態によって買取価格に大きく影響します。やっと切手の買取業者を見つけても状態が悪く査定ができないといったことがあっては前に進めることができません。

そのようなことを避けるために、切手収集家でなくても必ず押さえておきたい基本情報をまとめましたので是非参考にしてください。

切手の売却方法について

切手の売却先としては買取専門業者、金券ショップ、オークションが考えられます。この中で最も安全かつ高値で買取ってもらえるのは買取専門業者です。オークションは安全性に欠け、金券ショップは買取対象の範囲が狭いです。

切手を賢く売却する方法について
詳しく学ぶ

バラ切手やシート、台紙張りって何?

買取依頼する時に出てくる言葉は押さえておきましょう。シートは複数の切手がつながっている状態で、バラ切手は切り離されている状態のことを言います。台紙貼り切手とは額面ごとに台紙に整理して貼られた切手のことです。

切手収集の専門用語
バラ切手やシートについて詳しく学ぶ

売却時に影響する切手の保存状態

切手の保存状態が悪いと売却額が下がります。買取業者が査定時にチェックするポイントは糊落ちの有無、ヒンジ跡、シミや汚れ、使用済かどうかなどです。切手の状態によっては売却不可になってしまうので要注意です。

汚れや使用済みなど切手の
保存状態について詳しく学ぶ

正しい切手の保管方法

切手は今すぐ売却しなくても保管方法が悪いと価値が下がりますので取り扱いには注意が必要です。必ずピンセットを使い、保管はストックブックやマウントで貼り付けて切手用アルバムに収納、高温多湿は避けましょう。

切手はデリケート
正しい保管方法を学ぶ

本物?偽物?

切手は加工がしやすいので贋作や偽物が数多く出回っています。本物に似せて作られた「模造」、本物の切手に手を加えた「変造」、最初から参考用として作られた「参考品」、郵便に使用する目的で作られた「偽造」があります。

人気の切手は偽物も作られていた?
詳しく学ぶ

WEB査定、高額査定業者の実態調査!! WEB査定、高額査定業者の実態調査!!
CATEGORY_TOP