昭和の切手買取ならここにお願い 手軽なWEB査定からはじめる高額買取術

昭和切手を売却するならここにお願い

日本郵便800
WEB査定からはじめる高額切手買取術 » プレミア切手はどんなもの?昭和切手に価値はあるの? » 第1~3次昭和切手

第1~3次昭和切手

ここでは第1~3次昭和切手についての概要や価値・買取価格について紹介しています。

注目の第1~3次昭和切手一覧

昭和切手は発行された年によって第1次、第2次、第3次に分けられています。

第1次昭和切手は1937~1944年に発行された普通切手です。葉書2銭、封書4銭に値上げされたことを機会に発行、乃木希典2銭、東郷平八郎4銭など肖像画をはじめ春日大社、法隆寺など様々なデザインで発行さました。

※乃木希典2銭切手は第1次~3次まで発行され続けた代表的な切手となり、コイル・切手帳も発行されています。買取価格は切手帳であれば高額が期待できそうです。

第2次昭和切手は1942年~1946年に発行された普通切手です。第1次昭和切手と比べプレミアは付いていませんが、一部のプレミア切手が数多く出回っていますので大量にお手元にある場合は売却を考えてみてはいかがでしょうか。

第3次昭和切手は1945年~1946年に発行された普通切手です。戦後の物質が不足している中で発行された切手になり印刷が粗雑になっています。基本的なデザインは第2次昭和切手と同様になり、5円切手や10円切手はプレミアが付いています。

ここでは第1次~3次までの中でも代表的な5点を紹介します。

第1次昭和切手

藤原鎌足5円

第一次昭和_藤原
引用元:切手専門店マルメイト
(http://marumatestore.com/?pid=340483)

発行日:1939年7月21日

買取相場:1,000~9,999円

飛鳥時代の藤原氏の始祖で、大化の改新でも知られる藤原鎌足の肖像画が印刷された切手です。第1次昭和切手の全19種類のうち12枚目に発行され、5円という額面は現代では1万円以上の価値があります。企業の大口電話料金、大口郵便料金、私書箱使用料などの支払いに利用され用途としては収入印紙に近かったとされます。

梅花模様10円

第一次昭和_ 梅花模様
引用元:切手専門店マルメイト
(http://marumatestore.com/?pid=340484)

発行日:1939年9月21日

買取相場:6,000円前後

飛鳥時代の藤原氏の始祖で、大化の改新でも知られる藤原鎌足の肖像画が印刷された切手です。第1次昭和切手の全19種類のうち12枚目に発行され、5円という額面は現代では1万円以上の価値があります。企業の大口電話料金、大口郵便料金、私書箱使用料などの支払いに利用され用途としては収入印紙に近かったとされます。

第2次昭和切手

敵国降伏 勅額10銭

第2次昭和‗勅額
引用元:切手専門店マルメイト
(http://marumatestore.com/?pid=340505)

発行日:1945年4月1日

買取相場:1~499円

公募して入選作品だった敵国降伏の勅額が図柄となっている切手です。勅額は実際に福岡県の筥崎宮の楼門にあり、亀山上皇が元寇の際に戦勝を祈願して書いたものと言われています。滝野川の印刷局が焼けたため製造中止となりました。1945年5月に目打なしで発行されたものがあり、それは通常より買取価格は高くなります。

オーロワンピ灯台40銭

第2次昭和_オーロワンピ灯台
引用元:切手専門店マルメイト
(http://marumatestore.com/?pid=340512)

発行日:1942年10月1日

買取相場:70~120円

台湾・高雄のオーロワン岬にある灯台を絵柄にした切手です。当時は内国電報の基本料金や郵便小包料金用として使用されました。初めは第1次昭和切手のオーロワンピ灯台6銭の図柄と同じものでしたが1944年の1月に変更されました。また色も濃い赤紫から茶紫色になり、1946年3月頃から薄い茶紫に変更になりました。

第3次昭和切手

台湾地方切手(3銭・5銭・10銭)

第三次昭和_台湾
引用元:切手専門店マルメイト
(http://marumatestore.com/?pid=340536)

発行日:1945年10月21日(3銭・5銭)、1945年10月31日(10銭)

買取相場:4,000~11,000円

終戦直後に台湾で発行された切手です。図柄は数字と菊の紋章のみのシンプルなもので、色は3銭は暗い赤、5銭は青緑、10銭は薄い青となっています。戦時中の切手配給途絶に備えるため郵政局に配布された原画は全部で9種類ありましたが30銭、40銭、50銭、1円、5円、10円の6種類については発行されませんでした。

切手の価値がわからないとプレミア切手でも売却先によっては額面以下の金額になってしまうことがあるので、買取は専門の買取業者に依頼することをおすすめします。

»その他の昭和切手の価値を調べたい方はこちら

WEB査定、高額査定業者の実態調査!! WEB査定、高額査定業者の実態調査!!
CATEGORY_TOP