昭和の切手買取ならここにお願い 手軽なWEB査定からはじめる高額買取術

昭和切手を売却するならここにお願い

日本郵便800
WEB査定からはじめる高額切手買取術 » プレミア切手はどんなもの?昭和切手に価値はあるの? » 切手趣味週間

切手趣味週間

ここでは切手趣味週間シリーズの概要や価値・買取価格について紹介しています。

代表的な切手趣味週間の切手一覧

切手趣味週間シリーズは健全な切手収集の普及を目的として1947年から現在に至るまで毎年発行されている特殊切手です。「見返り美人」や「月に雁」など切手収集の経験がある人なら誰もが知っている人気の高い切手があります。

見返り美人

切手趣味週間_見返り美人
引用元:切手の専門店・ネット通販 日本郵便趣味協会
(http://www.yuubinsyumi.com/shopdetail/000000003836/)

発行日:1948年11月29日(150万枚)

買取相場:3000円前後

1948年シリーズ2回目に発行された切手趣味週間を代表する有名な切手です。江戸時代の画家・菱川師宣が描いた見返り美人画を題材とし、縦が67mm、横が30mmと大きなサイズであることも当時話題になりました。切手ブームの頃より下げましたが、現在でも人気が高くバラ切手でも3000円くらいの価値が見込める切手です。

月に雁

切手趣味週間_月に雁
引用元:切手の専門店・ネット通販 日本郵便趣味協会
(http://www.yuubinsyumi.com/shopdetail/000000003864/)

発行日:1949年11月1日(200万枚)

買取相場:2,000~5,000円

見返り美人に続いて1949年に発行された切手です。江戸時代の浮世絵師・歌川広重が描いた「月に雁」を図柄としており海外のコレクターにも人気があります。切手ブームの収束とともに何万円ものプレミアが付くことは無くなりましたが、現在でも状態が良ければバラの状態でも5,000円ほどの価値が見込める切手です。

法隆寺観音菩薩像

切手趣味週間_法隆寺観音菩薩像
引用元:切手専門店マルメイト
(http://marumatestore.com/?pid=574196)

発行日:1954年11月20日(60万枚)

買取相場:5,000~10,0000円

シリーズ4回目に発行された切手で第2次動植物国宝切手シリーズの観音菩薩像の図柄がそのまま採用されています。それまでとは違い額面10円の普通切手サイズのものが10枚綴りのシート形式になっています。発行枚数が制限されていただけでなく、販売された局も限定されていたこともありかなりのプレミアが付いています。

ビードロを吹く娘

切手趣味週間_ビードロを吹く娘
引用元:切手の専門店・ネット通販 日本郵便趣味協会
(http://www.yuubinsyumi.com/shopdetail/000000000424/)

発行日:1955年11月1日(550万枚)

買取相場:100円

シリーズ5回目に発行された48mm×33mmの大判切手で、江戸時代の浮世絵師・喜多川歌麿の描いた美人画が図柄に採用されています。発行当時は人気がありましたが発行枚数が多いため希少価値はそれほど高いとは言えません。10面シートがよい状態で残っている場合は1,500~2,000円程度の値がつくこともあります。

市川蝦蔵

切手趣味週間_市川蝦蔵
引用元:切手の専門店・ネット通販 日本郵便趣味協会
(http://www.yuubinsyumi.com/shopdetail/000000000431/)

発行日:1956年11月1日(550万枚)

買取相場:100円~200円

シリーズ6回目に発行された切手で、浮世絵師・東洲斎写楽の「市川蝦蔵」が図柄として採用され買取業者によっては「えび蔵」と呼ぶこともありますが同じものです。歌舞伎役者がモチーフということで海外のコレクターにも人気がありますが、発行枚数が多いためバラの買取価格は最大でも200円、シートで2,500円程度です。

切手の価値がわからないとプレミア切手でも売却先によっては額面以下の金額になってしまうことがあるので、買取は専門の買取業者に依頼することをおすすめします。

»その他の昭和切手の価値を調べたい方はこちら

WEB査定、高額査定業者の実態調査!! WEB査定、高額査定業者の実態調査!!
CATEGORY_TOP