昭和の切手買取ならここにお願い 手軽なWEB査定からはじめる高額買取術

昭和切手を売却するならここにお願い

日本郵便800
WEB査定からはじめる高額切手買取術 » プレミア切手はどんなもの?昭和切手に価値はあるの?

プレミア切手はどんなもの?
昭和切手に価値はあるの?

ここではプレミア切手とはどのようなものかを説明。また価値がある代表的な昭和切手も紹介しています。

そもそもプレミアム切手って何?

プレミア切手とはその価値が額面以上になる切手のことを言います。額面が1円の切手が10円の買取価値があるのであればそれはプレミア切手ということになります。

“プレミア”という名称からもっと高額なものをイメージする方も多いかもしれませんが、それは現在の貨幣価値から考えるからです。1円の切手が10円になるということは価値が10倍に増えたと考えるとわかりやすいでしょう。

もちろん現在の貨幣価値から考えても切手の価格としては非常に高額なものもあります。発行枚数が少なく希少価値があるものや、図柄などが素晴らしく海外のコレクターからも人気があるものは驚くほど高値で取引されることがあります。

現在でも高価買取が期待できるプレミア切手

日本で最初の郵便切手は旧暦の明治4年3月1日(現在の4月20日)に発行された竜文切手です。額面は48文、100文、200文、500文の4種です。このような切手は歴史的価値もあり高額なプレミア切手と言えます。

高額なプレミア切手を見つける場合は昭和30年以前に発行されたものに注目するとよいと言われています。切手収集ブームが終わった現在でもその時代のものはコレクター需要が依然として高いからです。

昭和30年代後半からの切手は額面割れするなど厳しい状況なのですが、その中でも切手コレクターの観点から注目できるプレミア切手があります。それは切手趣味週間シリーズの初期のものです。

特に「月に雁」「見返り美人」「市川蝦蔵」に関しては切手コレクターでなくても知っているという人は多いでしょう。これらは切手収集ブームの頃ほどの勢いはないにしても海外の切手収集家にも人気があるため高値が期待できます。

期間やシリーズごとの昭和切手の価値を詳しく紹介

プレミア切手一覧

切手は、はがきや封書を送るために使われる普通切手が基本ですが、コレクターとしては記念切手や希少性が高い中国切手も注目したいところです。そこでこれらの分類ごとに高額買取が期待できるプレミア切手をピックアップしてみました。

普通切手

竜文切手

普通切手_竜文
引用元:福ちゃん公式HP
(https://www.fuku-chan.info/kitte/normal/case001.php?page=seo&item=kitte)

発行日:1871年4月20日

平均的な相場:20,000円(48文、100文)、30,000円(200文)、40,000円(500文)

日本で最初に発行された普通切手です。額面は48文、100文、200文、500文の4種類で第1版、第2版で区別されます。雷紋と七宝の模様の枠の中に龍が描かれた手彫りの図柄で、切手の特徴と言える目打ちもありません。

鳥切手

普通切手_鳥
引用元:福ちゃん公式HP
(https://www.fuku-chan.info/kitte/normal/case004.php?page=seo&item=kitte)

発行日:1875年1月1日

平均的な相場:30,000~50,000円

当時の国際郵便用として作られた普通切手で額面は12銭、15銭、45銭の3種類です。日本を代表する鳥である雁、せきれい、鷹を図柄に用いているため鳥切手と呼ばれています。これが最後の手彫切手となりました。

菊切手

普通切手_菊
引用元:福ちゃん公式HP
(https://www.fuku-chan.info/kitte/normal/case006.php?page=seo&item=kitte)

発行日:1899年~1908年

平均的な相場:500~15,000円

天皇を象徴する菊が大きく描かれた切手で額面は5厘から20銭まで全部で18種類あります。種類が多く買取価値もバラバラですが6銭、8銭、15銭、20銭は希少価値が高いので美品なら1万円以上の高値も期待できます。

旧高額切手

普通切手_旧高額
引用元:福ちゃん公式HP
(https://www.fuku-chan.info/kitte/normal/case007.php?page=seo&item=kitte)

発行日:1908年~1914年

平均的な相場:70,000~180,000円

神功皇后を図案にした切手です。電信・電話料金の納入を目的としていたので当時の額面としては高額で5円・10円の2種類があります。電信用切手は価値がありプレミア切手の中でもかなり高額上位になる切手です。

田沢切手

普通切手_田沢
引用元:福ちゃん公式HP
(https://www.fuku-chan.info/kitte/normal/case008.php?page=seo&item=kitte)

発行日:1913年~1937年

平均的な相場:200~64,000円

日本で初めて切手図案の公募が行われ選ばれた田沢昌言氏デザインの切手です。大正から昭和にかけて20年以上も継続して使用され紙に大正すかしが入りました。額面も5厘から1円まで非常に種類が多くなっています。

冨士鹿切手

普通切手_冨士鹿
引用元:福ちゃん公式HP
(https://www.fuku-chan.info/kitte/normal/case009.php?page=seo&item=kitte)

発行日:1922年1月1日

平均的な相場:1,500~24,000円

外国郵便料金が改定された際に発行された切手です。海外を意識してなのか日本を象徴する富士山と菊の紋章、松林に鹿と盛りだくさんな図柄になっています。額面は4銭、8銭、20銭の3種類で旧改色8銭は高値が付きます。

震災切手

普通切手_震災
引用元:福ちゃん公式HP
(https://www.fuku-chan.info/kitte/normal/case010.php?page=seo&item=kitte)

発行日:1923年10月25日

平均的な相場:500円~5,000円

関東大震災で国の主要な印刷工場が被災し、切手の発行が困難になったことから急遽民間の工場で印刷された切手です。額面は5厘~20銭まで9種類あります。印刷工場は翌年には復興したため短期間で終了しました。

風景切手

普通切手_風景
引用元:福ちゃん公式HP
(https://www.fuku-chan.info/kitte/normal/case012.php?page=seo&item=kitte)

発行日:1926年7月5日

平均的な相場:200~1,200円

風景を主題とした図柄で当時としては画期的なデザインの切手です。また横型というのも初めての試みでした。額面は2銭、6銭、10銭の3種類で、それぞれ富士山、日光東照宮陽明門、名古屋城が中心に描かれています。

新高額切手

普通切手_新高額
引用元:福ちゃん公式HP
(https://www.fuku-chan.info/kitte/normal/case011.php?page=seo&item=kitte)

発行日:1924年~1937年

平均的な相場:26,000~36,000円

関東大震災によって切手の原版が焼失してしまい、図柄を新しくデザインし直した高額切手です。用途は旧高額切手と同じ電信・電話料金納入で額面も5円と10円の2種類。郵便では使用されないので希少価値があります。

第1~3次動植物国宝図案切手

普通切手_動植物国宝
引用元:切手専門店マルメイト
(http://marumatestore.com/?pid=340610)

発行日:1950年~1965年

平均的な相場:1,000~4,000円

その名の通り動植物や国宝などをテーマとした図案を採用した切手で第1次(1950年~1951年)、第2次(1952年~1959年)、第3次(1961年~1965年)と分けられます。第1次や第2次なら高額買取の可能性があります。

記念切手

明治天皇銀婚記念切手

記念切手_明治天皇銀婚
引用元:福ちゃん公式HP
(https://www.fuku-chan.info/kitte/kinen/case001.php?page=seo&item=kitte)

発行日:1894年3月9日(2銭1,480万枚・5銭100万枚)

平均的な相場:3,500円(2銭)、5,000円(5銭)

日本で初めて発行された記念切手です。明治天皇の結婚満25年の慶事を祝す意味で、菊の紋章に向かい鶴が描かれています。額面は2銭と5銭の2種類があり、5銭の方が発行枚数が少なさから高値で買取りがされます。

日清戦争勝利記念切手

記念切手_日清戦争
引用元:福ちゃん公式HP
(https://www.fuku-chan.info/kitte/kinen/case002.php?page=seo&item=kitte)

発行日:1896年8月1日

平均的な相場:2,500円(2銭)、6,000円(5銭)

日清戦争に勝利したことを記念して発行された切手です。肖像が入った切手としてはこれが日本で最初です。有栖川宮熾仁親王と北白川宮能久親王の2パターンがあり額面はそれぞれ2銭と5銭の2種類(全4種類)です。

大正婚儀記念切手

記念切手_大正婚儀
引用元:福ちゃん公式HP
(https://www.fuku-chan.info/kitte/kinen/case003.php?page=seo&item=kitte)

発行日:1900年5月10日

平均的な相場:2,000円

大正天皇の皇太子時代の婚礼を記念して発行された切手です。結婚式の引き出物が図柄として採用されている珍しい切手で額面は3銭のみです。当時占領下の「朝鮮」や「志那」などが加刷された在外国局切手も存在します。

日韓通信業務合同記念切手

記念切手_日韓通信業務
引用元:福ちゃん公式HP
(https://www.fuku-chan.info/kitte/kinen/case004.php?page=seo&item=kitte)

発行日:1905年7月1日

平均的な相場:7,000~10,000円

郵便事業の拡大のため日韓通信業務合同が成立したことを記念して発行された切手で額面は3銭のみ。日本と韓国で同時販売されましたが、販売枚数148万枚の半分以上が韓国で販売されたため希少性が高くなっています。

日露戦争凱旋観兵式記念切手

記念切手_日露戦争凱旋
引用元:福ちゃん公式HP
(https://www.fuku-chan.info/kitte/kinen/case005.php?page=seo&item=kitte)

発行日:1906年4月29日(1銭5厘291万枚・3銭1098万枚)

平均的な相場:1,500円(1銭5厘)、3,000円(3銭)

日露戦争に勝利し陸軍の凱旋観兵式が開かれたことを記念して発行された切手です。額面は1銭5厘と3銭の2種類があり、3銭の方は発行枚数が100万枚ほどだったため非常に希少性が高く買取価格もアップします。

大正大礼記念切手

記念切手_大正大礼
引用元:福ちゃん公式HP
(https://www.fuku-chan.info/kitte/kinen/case006.php?page=seo&item=kitte)

発行日:1915年11月10日

平均的な相場:200円(1.5銭)、300円(3銭)、2,000円(4銭)、3,000円(10銭)

大正天皇が即位したことを記念して発行された切手です。額面は1.5銭、3銭、4銭、10銭の4種類があり、図柄は儀式の冠や高御座、紫宸殿など額面ごと異なっています。4銭と10銭の買取額が桁違いで高くなります。

昭和大礼記念切手

記念切手_昭和大礼
引用元:福ちゃん公式HP
(https://www.fuku-chan.info/kitte/kinen/case017.php?page=seo&item=kitte)

発行日:1928年11月10日

平均的な相場:100~1,000円

裕仁様が昭和天皇が即位されたことを記念して発行された切手です。額面は1.5銭、3銭、6銭、10銭の4種類で、図柄は1.5銭と6銭が鳳凰の色違い、3銭と10銭が大嘗宮の色違いという構成になっています。

第15回赤十字国際会議記念切手

普通切手_赤十字国際会議
引用元:切手の専門店・ネット通販 日本郵便趣味協会
(http://www.yuubinsyumi.com/shopdetail/000000003762/)

発行日:1934年10月1日

平均的な相場:100~300円(1.5銭、3銭)、1,500円(6銭)、2,000円前後(10銭)

15回目の赤十字国際会議が日本で行われたことを記念して発行された切手です。額面は1.5銭、3銭、6銭、10銭の4種類で図柄は1.5銭と6銭が赤十字配章、3銭と10銭は日本赤十字本社の建物となっています。

満州国皇帝訪日記念切手

記念切手_満州国皇帝訪日
引用元:福ちゃん公式HP
(https://www.fuku-chan.info/kitte/kinen/case023.php?page=seo&item=kitte)

発行日:1935年4月2日

平均的な相場:100~200円(1.5銭、3銭)1,000~2,000円(6銭、10銭)

中国の皇帝「溥儀」の訪日を記念して発行された切手です。額面は1.5銭、3銭、6銭、10銭の4種類で図柄は比叡と白塔(1.5銭・6銭)、赤坂離宮(3銭・10銭)を採用。6銭と10銭が買取金額が高めです。

中国切手

赤猿

中国切手_赤猿
引用元:福ちゃん公式HP
(https://www.fuku-chan.info/kitte/china/case001.php?page=seo&item=kitte)

発行日:1980年

平均的な相場:100,000~170,000円

中国で初めて発行された年賀切手です。赤猿は日本のみで呼ばれる名称で正式名は「子ザル」です。発行枚数が少ないことからバラ切手でも高価買取が期待でき、シートの状態だと百万単位で取引されることもあります。

毛主席の最新指示

中国切手_毛主席
引用元:福ちゃん公式HP
(https://www.fuku-chan.info/kitte/china/case002.php?page=seo&item=kitte)

発行日:1968年7月20日

平均的な相場:100,000円~

「毛主席シリーズ」の中の1つで中国切手の中で赤猿に次いで高値が期待できる切手です。文化大革命時代の中国では切手収集は禁止されており一部の外国人旅行者が持ち出したものしかなく希少価値が高くなっています。

少年たちよ子供の時から科学を愛そう

中国切手_少年
引用元:福ちゃん公式HP
(https://www.fuku-chan.info/kitte/china/case003.php?page=seo&item=kitte)

発行日:1979年

平均的な相場:120,000円前後

子供のイラストが入った横長の切手です。発行枚数が10万枚と非常に少なく、希少価値が高くなっています。同タイトルでシリーズとして6種完で切手が発行されていますが、そちらは発行枚数が多いため高値にはなりません。

大パンダ

中国切手_オオパンダ
引用元:福ちゃん公式HP
(https://www.fuku-chan.info/kitte/china/case004.php?page=seo&item=kitte)

発行日:1963年(1次)1973年(2次)

平均的な相場:18,000円前後(1次3種完)、5,000~7,000円(2次6種完)

中国人画家の呉作人が描いたパンダが図柄として採用された切手です。1次と2次に分かれており1次は3種類、2次は6種類が発行されています。1次と比べると2次の方が残存数が多いため買取価格もやや下がります。

牡丹シリーズ

中国切手_牡丹
引用元:福ちゃん公式HP
(https://www.fuku-chan.info/kitte/china/premiere.php?page=seo&item=kitte)

発行日:1964年

平均的な相場:150,000円(小型シート)、25,000円前後(15種完)

田世光という中国で有名な画家が描いた牡丹をテーマにしたシリーズ切手です。小型シートと15種類のバラ切手があります。プレミアが付くのはモチーフとなった牡丹が大金粉という特殊な品種であることも影響しています。

天安門図第3版

中国切手_天安門図第3版
引用元:福ちゃん公式HP
(https://www.fuku-chan.info/kitte/china/premiere.php?page=seo&item=kitte)

発行日:1950年

平均的な相場:10,000~20,000円(7種完)

その名の通り天安門が図柄として採用されている切手で、全部で7種類発行されています。バラ切手ですが7種類すべてが揃っていると価値が高くなります。

関漢卿組合

中国切手_関漢卿
引用元:福ちゃん公式HP
(https://www.fuku-chan.info/kitte/china/premiere.php?page=seo&item=kitte)

発行日:1958年

平均的な相場:10,000~15,000円(小型シート)

中国の作曲家で元曲の第一人者である関漢卿が戯曲を創作し700年経ったことを記念して発行された切手です。額面は4分、8分、20分の3種類あり、現在買取価格の高くなっている小型シートも発行されています。

天安門図第5版

中国切手_天安門図第5版
引用元:福ちゃん公式HP
(https://www.fuku-chan.info/kitte/china/case005.php?page=seo&item=kitte)

発行日:1951年

平均的な相場:600,000円以上(4種完)

中国で政治的な理由により流通が禁止になった切手です。第3版と同じデザインですが額面の異なる4種類があります。回収対象になっていたため残存数が少なく、使用済であっても希少価値があるので高値となっています。

軍人切手

中国切手_軍人
引用元:福ちゃん公式HP
(https://www.fuku-chan.info/kitte/china/premiere.php?page=seo&item=kitte)

発行日:1953年

平均的な相場:10,000~12,000円(陸軍)、150,000円前後(空軍)

陸軍、海軍、空軍の3種類がある中国が発行した切手です。発行枚数が少ないため希少価値が高く、特に空軍は高値で取引されます。海軍はまだ相場感が確立していないので買取業者によって価格はまちまちとなっています。

金魚シリーズ

中国切手_金魚
引用元:大吉公式HP
(http://www.kaitori-daikichi.jp/blog/archives/296808.html)

発行日:1960年

平均的な相場:20,000円前後(12種完)

金魚が図柄の切手です。白色ハナフサ、黒赤デメキン、スイホウガン、ランチュウ、リュウキン、黒デメキン、チョウテンガン、オランダシシガシラ、紫オランダシシガシラ、ベニガシラ、三色デメキン、紅白デメキンの全12種が揃うと高価買取になります。

昭和切手の価値を詳しく紹介

  • 第1~3次昭和切手
    1937年~1946年に発行された希少価値のある普通切手のことで第1次、第2次、第3次に分けられます。
  • 第1~3次新昭和切手
    戦後に発行された希少価値のある普通切手のことで年代により第1次、第2次、第3次に分けられています。
  • 文化人シリーズ切手
    1949年~1952年に発行された文化人の肖像が図柄になっている特殊切手で全部で18種類あります。
  • 観光地百選シリーズ切手
    1951~1953年の間に発行された国内の観光地の風景をテーマにした特殊切手で全部で20種類あります。
  • オリンピック記念切手
    日本でオリンピックが開催されたことを記念して発行された切手です。募金や大会記念などの種類があります。
  • 切手趣味週間
    健全な切手収集の普及を目的に1947年から現在まで毎年発行されている切手で「見返り美人」が有名です。
  • 年賀切手
    年賀状のやりとりをする特定期間に使用する目的で毎年発行される特殊切手で、古いものは希少価値があります。
  • お年玉切手シート
    お年玉年賀はがきの番号で当選すると景品としてもらえる小型のシートのことで初期のものは価値があります。
  • 国立公園シリーズ
    日本初のグラビア印刷が施された国立公園をテーマとした切手で第一次と第二次に分けられ発行されています。
  • 航空切手
    航空郵便を送ることを目的として発行された切手です。航空郵便制度と速達郵便制度が統合され無くなりました。
  • 琉球切手
    アメリカ軍に統治され本土に復帰するまでの1945年~1972年の間に沖縄で発行された切手のことです。
  • 郵便切手帳
    切手の販売方法の1つで、保管や携帯を目的に小型のシートになった切手に表紙を付けて小冊子にしたものです。
  • 天然記念物シリーズ
    こちらでは、記念切手の天然記念物シリーズに関する買取情報を中心に解説しています。天然記念物切手シリーズの特徴や買取価格、おすすめの買取業者などをご紹介していますので、切手を売りたいとお考えの方はぜひ参考にしてください。
  • SLシリーズ切手
    日本国内の蒸気機関車10選を2機関車ごとペア1組として発行された5集の特殊切手SLシリーズ。1974〜1975年に第1集〜5集の全5集が発行されています。明治生まれの蒸気機関車が2種、大正生まれが3種、昭和生まれが5種。発行部数が多いため、高額査定になることはあまりないのですが、中には、1,5000円以上になるものも。
  • 日本国際切手展2011切手
    平成23(2011)年7月28日から8月2日の6日間、パシフィコ横浜で開催された「日本国際切手展2011」を記念して販売された特殊切手3種を紹介。切手を通じた文化交流・国際親善を目的にした本イベントでは、葛飾北斎の冨嶽三十六景や人気アニメキャラクター、金箔を使用した豆兔蒔絵螺鈿硯箱・竜文切手がデザインされた切手など、日本的な趣向を凝らした切手となっています。
WEB査定、高額査定業者の実態調査!! WEB査定、高額査定業者の実態調査!!
CATEGORY_TOP